まっちゃだいふくの日記

セキュリティのこと、ITの気になった記事をリンクしています。

InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5 Service Pack 2 Patch 4 Critical Patch (ビルド 1795) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ タイムスタンプサーバのルートCA証明書対応

InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5 Service Pack 2 Patch 4 Critical Patch (ビルド 1795) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5 Service Pack 2 Patch 4 Critical Patch (ビルド 1795)を下記日程にて公開いたします。

■ 公開開始日
2022/09/08(木)


■修正内容
以下の変更が行われます。
「Hotfix/Patch/Critical Patchに含まれるパッケージ署名用証明書(※)の更新に伴い、署名検証処理と証明書のアップデートを実施」
今後のCritical Patch 1795以降のHotfix/Patch/Critial Patchの適用の際は、事前にCritical Patch 1795の適用が必要となります。
※Critical Patch 1772 Readmeの"問題 6"に関連するセキュリティ強化に伴い、以降のパッケージには署名が含まれています。

その他の修正点や詳細につきましては、Critical Patch の Readmeをご覧ください。
■入手方法
本Critical PatchとReadmeは、次のページからダウンロードできます。
「最新版ダウンロードページ : InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5 Service Pack 2」


■導入手順

次のページからダウンロードできるReadmeの内容をご参照ください。
「最新版ダウンロードページ : InterScan Web Security Virtual Appliance 6.5 Service Pack 2」

サポート情報 : トレンドマイクロ

1.1. 修正される問題
====================================================================
本リリースは、 次の各問題を修正します。

(SEG-148534),
問題 1: 新しい証明書が自身のタイムスタンプサーバのルートCA証明書を
変更したため、HotFixのインストール中に証明書チェーンの検証
が失敗することがある問題
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
修正 1: 本リリースの適用後は、証明書チェーンの確認プロセスが
アップデートされ、この変更がサポートされるようになります。



1.2. 新機能
====================================================================
本リリースに含まれる新機能はありません。

https://files.trendmicro.com/jp/ucmodule/iwsva/65/sp2/patch4/cp/b1795/iwsva_6.5-sp2_ar64_ja_criticalpatch_b1795_Readme.txt

Deep Security Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)のアップデートが出ました @ TLSトラフィック検査が自動アップデートに入ったらしい。あと、各種修正対応

Deep Security Linux Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)

Deep Security Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)
Release date: September 22, 2022
Build number: 20.0.0-5512

Enhancements

  • Updated Deep Security Agent kernel device module files to comply with Security-Enhanced Linux (SELinux) requirements. DSSEG-7378
  • Deep Security Agent now reports host information with additional details. DS-72609
  • Deep Security Agent now reports host metadata for installed software with additional details. DS-72608
  • Updated Deep Security Agent to add multi-thread support for On-Demand scan and Scheduled Scan. DS-72797/DS-72798
  • Deep Security Agent now supports the automatic update of Advanced TLS Traffic Inspection as operating system libraries change (Computer or Policy > Settings > TLS Inspection Package Update). This requires Deep Security Manager version 20.0.677+. DS-72828

Resolved issues

  • Trust Entities settings were not being re-applied after turning Application Control off and back on again. SF05930535/SEG-152439/DS-73312
  • When installed on a system that uses secure boot without importing the required sign key, Deep Security Agent generated an Anti-Malware Engine error code with "Reason ID: 13" when it should have generated the code with "Reason ID: 11". For details on Reason IDs, see Warning: Anti-Malware Engine has only Basic Functions. DS-72891
  • Deep Security Agent reported host metadata in an unexpected format. DS-73411

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Response. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-8100/VRTS-8101/DS-73087/DS-72528

  • Highest CVSS score: 7.0
  • Highest severity: High
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

Deep Security Windows Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)

Deep Security Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)
Release date: September 22, 2022
Build number: 20.0.0-5512

Enhancements

  • Deep Security Agent now supports the automatic update of Advanced TLS Traffic Inspection as operating system libraries change (Computer or Policy > Settings > TLS Inspection Package Update). This requires Deep Security Manager version 20.0.677+. DS-72828

Resolved issues

  • Integrity Monitoring events (Events & Reports > Integrity Monitoring) were created with "N/A" displayed in the KEY and TYPE columns. SF05533287/SEG-139293/DS-71899
  • Updating Deep Security Agent and removing the expired TLS session key caused some systems to crash. SF06007238/SEG-153175/DS-73404
  • With Anti-Malware enabled, some computers got stuck in a "Security Update In Progress" state. SF05106626/SEG-129777/DSSEG-7500
  • With Deep Security Agent self-protection enabled, enabling or disabling Advanced TLS inspection service caused "Event ID 7006" in the Windows Service Control Manager. DS-73305
  • Deep Security Agent reported host metadata in an unexpected format. DS-73411

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Response. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-8100/VRTS-8101/DS-73087/DS-72528

  • Highest CVSS score: 7.0
  • Highest severity: High
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

Deep Security UNIX Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)

Deep Security Agent - 20.0.0-5512 (20 LTS Update 2022-09-22)
Release date: September 22, 2022
Build number: 20.0.0-5512

Enhancements

  • Updated Deep Security Agent to add multi-thread support for On-Demand scan and Scheduled Scan. DS-72797/DS-72798

Resolved issues

  • Deep Security Agent reported host metadata in an unexpected format. DS-73411

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Response. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-8100/VRTS-8101/DS-73087/DS-72528

  • Highest CVSS score: 7.0
  • Highest severity: High
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

Deep Security Manager - 20.0.686 (20 LTS Update 2022-09-21)

Deep Security Manager - 20.0.686 (20 LTS Update 2022-09-21)
Release date: September 21, 2022
Build number: 20.0.686

Resolved issues

  • Deep Security Manager sometimes displayed the wrong state for items in an Anti-Malware Report (Events & Reports > Generate Reports). SF05780825/SEG-149707/DS-72871
  • With Perform Ongoing Recommendation Scans set to "Yes" and an Ongoing Scan Interval set at "4 Weeks" (Computer or Policy > Settings > General > Recommendations), Deep Security Manager executed the scans much more frequently than the set interval. SF05658685/SEG-148153/DSSEG-7707
What's new in Deep Security Manager? | Deep Security

Deep Security Agent for macOS - 20.0.0-180 (20 LTS Update 2022-09-22)

Deep Security Agent for macOS - 20.0.0-180 (20 LTS Update 2022-09-22)
Release date: September 22, 2022 Build number: 20.0.0-180

New features:

  • Activity Monitoring: Deep Security Agent supports Remote Shell response from the Trend Micro Vision One Portal. For details and a list of supported commands, see Remote Shell.

In preview:

  • Activity Monitoring: Deep Security Agent now supports Custom Script response from Trend Micro Vision One Portal.
  • Trigger or cancel a manual Scan: Deep Security Agent can trigger or cancel a manual scan when "Allow agent to trigger or cancel a manual scan from Trend Micro's notifier application" is selected (Computer or Policy > Anti-Malware > General > Manual Scan)).
  • Security update rollbacks: Deep Security Agent now supports rolling back security updates.
What's new in the agent - Workload Security | Trend Micro Cloud One™ Documentation

Deep Security Manager - 12.0 update 29リリース@ "Bypass Network Scanner"ルールの追加、各種修正対応

Deep Security Manager - 12.0 update 29

Deep Security Manager - 12.0 update 29
Release date: October 4, 2022
Build number: 12.0.540

Resolved issues

  • The Anti-Malware host report would incorrectly state Anti-Malware is online when the Deep Security console shows Anti-Malware Offline. SF05780825/SEG-149707/DSSEG-7706
  • Deep Security Manager sometimes generated unexpected "Computer Updated" system events. SF05496967/SEG-138407/DSSEG-7678

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Responses. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. DSSEG-7705

  • Highest CVSS: 9.1
  • Highest severity: Critical
What's new in Deep Security Manager? | Deep Security

Deep Security Linux Agent - 12.0 update 29

Deep Security Agent - 12.0 update 29
Release date: October 4, 2022
Build number: 12.0.0-2626

Enhancements

  • Improved Intrusion Prevention performance when the "Bypass Network Scanner" rule is applied. SEG-132057/DSSEG-7621

Resolved issues

  • Message "Newly applied ruleset will block some running processes on restart" was incorrectly shown during agent upgrade. DSSEG-7653
  • Log Inspection Engine would go offline when using '$' character in match or regex fields together with variables. SEG-146965/SEG-146966/DSSEG-7665
  • Valid IPv6 addresses reserved for IPv4/IPv6 translation would raise "Invalid IPv6 Address" errors. SEG-147969/DSSEG-7673

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Responses. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-7090/DSSEG-7647

  • Highest CVSS: 4.6
  • Highest severity: Medium
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

Deep Security Windows Agent - 12.0 update 29

Deep Security Agent - 12.0 update 29
Release date: October 4, 2022
Build number: 12.0.0-2626

Enhancements

  • Improved Intrusion Prevention performance when the "Bypass Network Scanner" rule is applied. SEG-132057/DSSEG-7621

Resolved issues

  • Message "Newly applied ruleset will block some running processes on restart" was incorrectly shown during agent upgrade. DSSEG-7653
  • Log Inspection Engine would go offline when using '$' character in match or regex fields together with variables. SEG-146965/SEG-146966/DSSEG-7665
  • Valid IPv6 addresses reserved for IPv4/IPv6 translation would raise "Invalid IPv6 Address" errors. SEG-147969/DSSEG-7673

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Responses. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-7090/DSSEG-7647

  • Highest CVSS: 4.6
  • Highest severity: Medium
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

Deep Security UNIX Agent - 12.0 update 29

Deep Security Agent - 12.0 update 29
Release date: October 4, 2022
Build number: 12.0.0-2626

Enhancements

  • Improved Intrusion Prevention performance when the "Bypass Network Scanner" rule is applied. SEG-132057/DSSEG-7621

Resolved issues

  • Message "Newly applied ruleset will block some running processes on restart" was incorrectly shown during agent upgrade. DSSEG-7653
  • Log Inspection Engine would go offline when using '$' character in match or regex fields together with variables. SEG-146965/SEG-146966/DSSEG-7665
  • Valid IPv6 addresses reserved for IPv4/IPv6 translation would raise "Invalid IPv6 Address" errors. SEG-147969/DSSEG-7673

Security updates

Security updates are included in this release. For more information about how we protect against vulnerabilities, visit Vulnerability Responses. Please note, in line with responsible disclosure practices, CVE details will only be made available for select security updates once patches have been made available for all impacted releases. VRTS-7090/DSSEG-7647

  • Highest CVSS: 4.6
  • Highest severity: Medium
What's new in Deep Security Agent? | Deep Security

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス リアルタイム検索の「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」オプションの廃止について:サポート情報 : トレンドマイクロ@ ビジネスセキュリティでネット枠フォルダの検索機能を2023年1月に廃止とのこと

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス リアルタイム検索の「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」オプションの廃止について:サポート情報 : トレンドマイクロ

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービスにおきまして、リアルタイム検索のオプション機能である「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」が下記日程で廃止されますのでご連絡します。


▼更新情報 (2022/9/26)
(1)「■対象機能」を更新しました。
(2)「■本オプション機能をご利用の場合」の項目を追加しました。


■廃止予定日時
2023年1月


対象製品/サービス
ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス
Trend Micro SaaS Endpoint Security for K-12


■対象機能
以下の設定項目が削除され、利用できなくなります。

・Web 管理コンソールの [セキュリティエージェント] - グループを選択 - [ポリシーの設定] - 「リアルタイム検索」の [設定] - 「詳細設定」の「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」

・エージェントコンソールの [設定] - 「リアルタイム検索」 - 「詳細設定」の「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」

※ エージェントコンソールの設定画面は、該当エージェントにリアルタイム検索の設定権限を与えている場合のみ表示されます。


■本オプション機能をご利用の場合
本オプション機能をご利用のお客様は、必要に応じて以下の対応をご検討ください。
・ネットワークドライブ側でウイルス対策を導入する
・手動検索の「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」を定期的に実行する


■背景
本オプションは、リアルタイム検索が動作しているセキュリティエージェント端末がアクセスしたネットワークドライブや共有フォルダを検索するための機能として提供されてきました。 しかしながら、ネットワークドライブ側でもセキュリティ検索機能が動作していることも多く、本オプションと競合し、アクセス遅延などの問題を引き起こす可能性がございました。そのため、本オプションを廃止いたします。


■補足事項
・本オプションは、デフォルトでは無効化されている設定になります。
・手動検索のオプションである「ネットワークドライブおよび共有フォルダを検索する」は廃止の対象ではありません。

サポート情報 : トレンドマイクロ

[復旧済み][障害情報]Trend Micro Email Security 障害発生のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ スパムパターンファイルによる不具合

[復旧済み][障害情報]Trend Micro Email Security 障害発生のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

Trend Micro Email Security 障害について、以下の通りお知らせいたします。

■対象製品
Trend Micro Email Security

■障害発生日時
2022年9月8日(木)17時00分頃 ~ 18時45分頃

上記時間帯にて弊社環境にて問題発生および復旧を確認しております。
■障害内容
こちらにてご案内の問題が発生した事により
2022年9月8日 17時前頃よりTrend Micro Email Secutiryを通過するメールについて
スキャン処理に問題が発生し、メール配送遅延が発生しておりました。

■対応状況
2022年9月8日 18時45頃に事象の発生しないパターンファイルを適用し、復旧しております。
TMEmS環境におけるメールのロストや不達につきましては発生しておりません。

■原因
スパムパターンファイルに起因して発生した事象となります。 詳細につきましてはこちらよりご確認下さい。

サポート情報 : トレンドマイクロ

[復旧済み][障害情報]特定のスパムメール対策パターンファイルによる検索処理が異常終了する問題について:サポート情報 : トレンドマイクロ@ メール送受信が失敗する不具合が出てたらしい

[復旧済み][障害情報]特定のスパムメール対策パターンファイルによる検索処理が異常終了する問題について:サポート情報 : トレンドマイクロ

日頃より弊社製品ならびに有償サポートをご利用頂き、誠にありがとうございます。

弊社スパムメール対策機能にて利用しているスパムメール対策パターンファイルの特定のパターンバージョンにて、 検索処理が異常終了する事象が発生いたしました。

本機能をご利用のお客様におかれましては、ご不便およびご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

■事象
特定のスパムメール対策パターンファイルを適用した環境にて検索処理が異常終了し、メール送受信処理などが失敗する事象が発生することがございました。
メール配送失敗(配送遅延)を引き起こすものであり、直接メール不達やメールロストを誘発する事象ではございません。
SaaS製品Trend Micro Email Securityの状況につきましては、こちらも併せてご参照ください。


■障害発生時間帯
現在確認中です。


■問題が発生していたパターンファイルバージョン
27126.006


■影響のある製品
スパムメール対策パターンファイルを利用している以下の製品で問題が発生する可能性がございました。
・InterScan Messaging Security Suite
・InterScan Messaging Security Virtual Appliance
・InterScan for Microsoft Exchange
・InterScan for Domino
・Deep Discovery Email Inspector
ウイルスバスター ビジネスセキュリティ
Trend Micro Email Security
※影響範囲は順次再確認しており、アップデートが発生する可能性があります。
■対応状況
2022年9月8日 17時前頃より"27126.006"を配信順次進めておりましたが、今回の問題を確認したため当該パターンの配信をその後停止しております。 2022年9月8日 20時40分頃から、問題の発生要因を取り除いた次バージョンのパターンファイル"27128"の公開を順次開始しております。
■本事象の対処方法
クラウド製品におきましては既に対応済みです。オンプレミス製品をご利用のお客様におかれましては、パターンファイルを"27126.006"より前のバージョンにロールバックいただくか、次のバージョンが公開されましたら当該バージョンにアップデートいただくようお願いいたします。 SaaS製品をご利用のお客様におかれましては、個別の対応は不要となります。

■原因
現在調査中です。
確認が取れ次第、追って情報を更新いたします。

サポート情報 : トレンドマイクロ

【注意喚起】Trend Micro Cloud App Security - 2022年10月1日にExchange Online にて基本認証が廃止されます:サポート情報 : トレンドマイクロ@ 2022年10月1日に基本認証終了に伴う回避策と根本対策についてのKB

【注意喚起】Trend Micro Cloud App Security - 2022年10月1日にExchange Online にて基本認証が廃止されます:サポート情報 : トレンドマイクロ

日頃より弊社製品ならびに有償サポートをご利用頂き、誠にありがとうございます。

Cloud App Security をご利用いただいているお客様へ、注意喚起のためのお知らせとなります。

■概要
マイクロソフト社による仕様変更により、2022年10月1日に、
Exchange Onlineで基本認証を使用したアクセスが廃止される旨がアナウンスされております。

[参考情報 : Basic Authentication Deprecation in Exchange Online - September 2022 Update]
https://techcommunity.microsoft.com/t5/exchange-team-blog/basic-authentication-deprecation-in-exchange-online-september/ba-p/3609437

[参考情報 : Exchange Online での基本認証の廃止]
https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/clients-and-mobile-in-exchange-online/deprecation-of-basic-authentication-exchange-online

これに伴い、Cloud App SecurityとExchange Onlineの連携時に
従来のデリゲートアカウントと呼ばれるアカウントを使用して
Exchange Onlineへアクセスしている環境では
Cloud App Securityが動作しなくなる可能性がございます。

尚、上述のマイクロソフト社の公開情報にて、
本件に関して2022年12月末まで有効なワークアラウンドが案内されております。
こちらについては「■2022年12月末までのワークアラウンドについて」にて後述いたします。

■対応方法について
対応方法および詳細につきまして、以下のページにてご案内しておりますので、
Cloud App SecurityとExchange Onlineの連携時に従来のデリゲートアカウントを
ご利用されておりますお客様は確認の上、ご対応いただけますようお願い申し上げます。

[サポート情報 |【注意喚起】Trend Micro Cloud App Security - Exchange Online にて基本認証が廃止されることに伴う影響について]
https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3889

尚、既にCloud App SecurityとExchange Online連携に際して、
認証アカウントへ移行されている場合は本対応は実施せず問題ございません。

■2022年12月末までのワークアラウンドについて
上述のマイクロソフト社の公開情報に記載のself-service diagnosticをEWS(Exchange Web Services)に対して行い、
デリゲートアカウントでの基本認証を使用したExchange Onlineとの連携ができる状態にしていただくことで、
Cloud App Securityでの保護を継続して行えることが期待できます。

尚、現状、本ワークアラウンドは2022年12月末まで有効のようであり、
2023年1月には無効になるとの記載がございますので、
現状デリゲートアカウントをご利用のお客様におかれましては、
上述の「■対応方法について」に記載の方法にて認証アカウントへの移行を
速やかに行っていただくことを推奨いたします。

尚、マイクロソフト社の公開ドキュメントに記載の内容や手順につきましては、
当社サポート窓口では対応いたしかねますので、必要に応じましてマイクロソフト社へ
ご確認いただけますようお願い申し上げます。

サポート情報 : トレンドマイクロ

[復旧][障害情報]Deep Security Agentの一部ビルドで不正プログラム対策エンジンがオフラインになる事象について (2022/09/13):サポート情報 : トレンドマイクロ@ 2022年07月26日以前のDS20に不具合が出てたみたい。

[復旧][障害情報] Deep Security Agentの一部ビルドで不正プログラム対策エンジンがオフラインになる事象について (2022/09/13):サポート情報 : トレンドマイクロ

Trend Micro Deep Security ならびに Cloud One - Workload Securityをご利用の一部のお客様環境にて発生しておりました障害についてご報告いたします。


■ 障害内容
Deep Security Agent(以下、DSA)の一部ビルド(20.0.0-5137)で不正プログラム対策エンジンオフラインが発生する事象が確認できました。
■ 影響
本事象が発生した場合、不正プログラム対策エンジンがオフラインになるという影響が発生いたします。
※本事象は Trend Micro Cloud One - Workload Security 環境でも発生いたします。
■ 対象となる製品ビルド/プラットフォーム
 1.対象となるDSAビルド:
  ・20.0.0-5137

 2.対象となるプラットフォーム:
  ・Windows Server 2012
  ・Windows Server 2012 R2
  ・Windows 7

  ※現在のところ上記の両条件に合致した場合に事象の発生が確認されております。

■ 詳細
対処等の詳細についてはこちらの英語版製品Q&Aをご確認ください。
■ 修正ビルド
本問題の修正が反映されたDSAのリリースが完了しております。詳細はこちらの英語版製品Q&Aをご確認ください。
本問題の恒久対処となりますので、該当ビルド以降の適用をご検討ください。

サポート情報 : トレンドマイクロ

[復旧][障害情報]ServerProtect for Windowsにおける障害について(2022年9月13日):サポート情報 : トレンドマイクロ@ 一部不具合が出てたらしい。


[復旧][障害情報]ServerProtect for Windowsにおける障害について(2022年9月13日):サポート情報 : トレンドマイクロ

ServerProtect for Windows (以下、SPNT) の一部の環境で発生していた障害についてご報告いたします。


■ 障害内容
一部のお客様環境で、インフォメーションサーバでのパターンファイルアップデートに失敗する障害が発生していました。

これにより、以下の事象が発生する可能性があります。
・全てのコンポーネントのアップデートに失敗する
スパイウェアパターンのみアップデートに失敗する

本障害の影響により、最新版ではなく正常にダウンロードできている旧版のパターンファイルでの保護のみのご提供となります。
■ 対象範囲
Trend Micro Apex Centralで管理せず、SPNTインフォメーションサーバより直接Active Updateサーバに通信している環境
※本障害はSPNTのみで確認されております。
■ 事象発生日時
2022年 9月 8日 午後10時40分頃 ~ 2022年 9月 13日 午後8時00分頃

■ 対応状況
2022年 9月 13日 午後8時00分頃に復旧を確認しました。
※復旧に際し、お客様にて必要な作業はありません。インフォメーションサーバでコンポーネントのアップデートが正常に完了することをご確認ください。

サポート情報 : トレンドマイクロ

パスワードマネージャー (Windows) 最新版公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ 累積修正対応

パスワードマネージャー (Windows) 最新版公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

パスワードマネージャー (Windows) 最新版を公開いたしました。

■ 対象製品
パスワードマネージャー (Windows) (月額版を含む)

■ 公開日
Windows版:2022年9月12日(月)

Windows版の配信予定日
2022年9月14日(水)
※パスワードマネージャーがインストールされている環境に順次配信されます。

■ 最新バージョン情報
Windows 版:5.8.0.1306

■ 主な更新内容
・累積の修正

サポート情報 : トレンドマイクロ

Deep Discovery Inspector 5.1 サポート終了に伴うアップグレードのご案内:サポート情報 : トレンドマイクロ@ 2022年9月30日にサポート終了なので、計画的にアップグレードしましょう

Deep Discovery Inspector 5.1 サポート終了に伴うアップグレードのご案内:サポート情報 : トレンドマイクロ

Deep Discovery Inspector 5.1 のサポートは2022年9月30日をもちまして終了いたします。
本バージョンを使用しているお客様は、最新バージョンへのアップグレードを実施していただきますようお願いいたします。

■対象製品
Deep Discovery Inspector 5.1


■サポートの終了日
2022年9月30日


■サポート終了後の製品への対応
製品サポート終了後も検索エンジン/パターンファイルの弊社アップデートサーバからの配信はしばらく継続いたしますが、予告なく終了することがございます。また、製品お問い合わせの受付などのサポートは終了しますので、サポート契約期間内のお客さまは、お早めに新バージョンへのアップグレードをお願いいたします。

■アップグレード方法
アップグレードパスや手順につきましては、製品 Q&A Deep Discovery Inspector のアップグレード手順をご確認ください。


■アップグレード用モジュールの入手方法
アップグレードモジュールはダウンロードセンターにて公開しております。

サポート情報 : トレンドマイクロ

製品情報:EdgeIPS Pro 216 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ 中規模産業ネットワーク向けの産業用次世代IPSリリース

製品情報:EdgeIPS Pro 216 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

EdgeIPS Pro 216 のサポートを下記日程にて開始いたします。


■製品
EdgeIPS Pro 216


■サポート開始日
2022年9月20日 (火)


■製品の概要
EdgeIPS Pro 216 は中規模産業ネットワーク向けの産業用次世代IPSです。
詳細はこちらのお知らせをご確認ください。


新機能等、製品の概要等につきましては こちらの公開情報をご確認ください。


■製品ドキュメント
ドキュメント類は以下のページをご確認ください。

  • EdgeIPS Pro 216

 「最新版ドキュメントダウンロードページ : TXOne Networks EdgeIPS/EdgeIPS Pro 」

サポート情報 : トレンドマイクロ

Trend Micro Apex One (Mac) 2019 Patch 6 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ 各種不具合対応

Trend Micro Apex One (Mac) 2019 Patch 6 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

Trend Micro Apex One (Mac) 2019 Patch 6 を下記日程にて公開いたします。


■公開開始日
2022年9月20日(火)


■修正内容・新機能
修正内容・新機能につきましては最新版ダウンロードページに掲載のドキュメントをご確認ください。


■入手方法
本モジュールは弊社Active Updateサーバから配信されます。


■導入方法
以下製品Q&Aにて適用方法を公開しておりますので、ぜひご確認ください。
製品Q&A:Trend Micro Apex One (Mac) 2019 Patch 6 の概要および適用方法

サポート情報 : トレンドマイクロ
2. 新機能
本リリースの新機能の詳細は、管理者ガイドを参照してください。
**本リリースで修正される既知の問題
本リリースのApex One (Mac) では、本製品に関する次の問題が解決されます。
問題1: Apex One (Mac) セキュリティエージェントをアップデートすると、[前回のアップデート] 情報が [コンポーネントバージョン] 画面に表示されない問題
修正1: 本リリースの適用後は、関連するシステムモジュールがアップデートされ、この問題が修正されます。

問題2: macOS 10.11 (El Capitan) またはmacOS 10.12 (Sierra) エンドポイントを新しいバージョンのmacOSにアップグレードすると、Apex One (Mac) セキュリティエージェントがアップデートを実行できない問題
修正2: 本リリースの適用後は、Apex One (Mac) のエージェントmacOS検証機能がアップデートされて、この問題が修正されます。

**機能強化
本リリースのApex One (Mac) には次の機能強化が含まれています。
機能強化1: Apex One (Mac) セキュリティエージェントプログラムが強化され、エンドポイントのシステムパフォーマンスが改善されます。
機能強化2: Apex One (Mac) セキュリティエージェントを、Apple® M2 プロセッサを搭載したエンドポイントにインストールできるようになります。
機能強化3: Apex One (Mac) Webコンソールがアップデートされて、エージェントのGUID情報が [エージェント管理] 画面に表示されます。

ウイルス検索エンジン (VSAPI) 12.x および 高度な脅威検索エンジン (ATSE) 12.x サポート終了日のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ VSAPI12系が2023年01月21日にサポート終了とのこと。

ウイルス検索エンジン (VSAPI) 12.x および 高度な脅威検索エンジン (ATSE) 12.x サポート終了日のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

ウイルス検索エンジン (VSAPI) 21.6 および 高度な脅威検索エンジン (ATSE) 21.6 の公開に伴いまして、
以下のとおり旧バージョンのサポート終了日時が確定しましたので、以下のとおりご案内いたします。


なお、検索エンジンのサポート期限についてはこちらにて
既に公開させていただいており、本サポートニュースは注意喚起のためのご案内となります。


■対象となる検索エンジン

ウイルス検索エンジン (VSAPI) 12
ウイルス検索エンジン (VSAPI) 12.5
高度な脅威検索エンジン (ATSE) 12
高度な脅威検索エンジン (ATSE) 12.5 および 21.550 ~ 21.572

■サポート終了日

2023/01/21

対象となるバージョンの検索エンジンをご利用中のお客様は、
サポート終了日までに上位バージョンへのアップグレードをご検討ください。

サポート情報 : トレンドマイクロ

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 Service Pack 1 用 Patch (ビルド 2436) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@ Apache 2.4.54のアップデートされるらしい

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 Service Pack 1 用 Patch (ビルド 2436) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 Service Pack 1 用 Patch (ビルド 2436) を以下日程にて公開いたします。


■公開開始日
2022年9月27日 (火)


■新機能・修正内容
新機能
(1) Apache Webサーバがバージョン2.4.54にアップデートされます。

修正内容
(1) ビジネスセキュリティサーバのデータベースサービスでパフォーマンスの問題が発生することがある問題を修正します。
(2) Patch 2419の適用後、ユーザがビジネスセキュリティサーバのWebコンソールを開くことができず、セキュリティエージェントからビジネスセキュリティサーバに接続できない問題を修正します。


その他、本 Patch で提供される修正、新機能については付属のReadmeをご確認ください。


■入手方法
本製品は、最新版ダウンロードページよりダウンロードできます。

なお、本製品は、2022年7月26日以降、「修正プログラムの自動適用機能」で順次配信されます。「修正プログラムの自動適用機能」についてはこちらをご確認ください。


■導入方法
以下製品Q&Aにて適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A:ビジネスセキュリティ 10.0 Service Pack 1 用 Patch の概要および適用方法

サポート情報 : トレンドマイクロ
2. 修正される内容
=================
注意: 本リリースをインストール後に、本セクションに「手順」が含まれる場合には
      「手順」を実行してください (インストールについては、「5.1 インストール
      手順」を参照してください)。

   2.1 新機能
   ==========
   本リリースで提供される内容について、次の形式で記載します。

   機能1: Apache Webサーバがバージョン2.4.54にアップデートされます。

   
	 
   2.2 本リリースで修正される既知の問題
   =================================
   本リリースでは、次の問題が修正されます。
   
   問題1: (SEG-146349, SEG-148181)
          ビジネスセキュリティサーバのデータベースサービスでパフォーマンスの問
          題が発生することがある問題。

   修正1:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   問題2: (SEG-150255, SEG-150259)
          Patch 2419の適用後、ユーザがビジネスセキュリティサーバのWebコンソール
          を開くことができず、セキュリティエージェントからビジネスセキュリティ
          サーバに接続できない問題。

   修正2:
     本リリースの適用後は、この問題が修正されます。