まっちゃだいふくの日記

セキュリティのこと、ITの気になった記事をリンクしています。

ウイルスバスター コーポレートエディション XG Service Pack 1 Patch 1(ビルド 5464)、および XG Patch 2 (ビルド 1977) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ@

ウイルスバスター コーポレートエディション XG Service Pack 1 Patch 1(ビルド 5464)、および XG Patch 2 (ビルド 1977) 公開のお知らせ:サポート情報 : トレンドマイクロ

ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp. ) XG Service Pack 1 Patch 1(ビルド 5464)、および XG Patch 2 (ビルド 1977) を下記日程にて公開いたします。

■公開開始日
2020年1月15日(水)


■修正内容・新機能
Microsoft Windows 10 November 2019 Update (バージョン1909) がサポートされるようになります。

その他、本 Critical Patch で提供される修正、新機能については付属の Readme ファイルをご確認ください。



■入手方法
ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Patch 1(ビルド 5464)、および XG Patch 2 (ビルド 1977) は こちら からダウンロードできます。


■導入方法
以下製品 Q&A にて概要および適用方法を公開しておりますので、ぜひご利用ください。

製品Q&A:ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1 Patch 1(ビルド 5464) のインストール手順
製品Q&A:ウイルスバスター Corp. XG Patch 2 (ビルド 1977) のインストール手順

サポート情報 : トレンドマイクロ
OfficeScan XG - Service Pack 1 Readme

修正される問題
本リリースは、 次の各問題を修正します。

問題 1: (SEG-56737)
Ospreyカーネルファイル (tmusa.sys) が予期せずアンロードされると、ウイルスバスター Corp.クライアントでブルースクリーン (BSOD) が発生することがある問題

修正:

本Patchの適用後は、Trend Micro EagleEye Driverがアップデートされ、この問題が修正されます。

問題 2: (SEG-61560)
ドライバの問題に起因して、Webレピュテーションを有効にしたウイルスバスター Corp.クライアントエンドポイントでパフォーマンスが低下することがある問題

修正:

本Patchの適用後は、Trend Micro EagleEye Driverがアップデートされ、この問題が修正されます。

問題 3: (SEG-61561)
Miracastの接続がウイルスバスター Corp.ファイアウォールによってブロックされることがある問題

修正:

本Patchの適用後は、放置処理のアンカールールがアップデートされ、この機能が隠しキーを使用して制御されるようになります。

手順:

この設定を有効にするには、次の手順に従ってください。

本Patchをインストールします (「4.1 インストール手順」を参照)。
ウイルスバスター Corp.サーバのインストールフォルダ内の「PCCSRV」フォルダにある「ofcscan.ini」ファイルを開きます。
[Global Setting] セクションに次のキーを追加して、適切な値を設定します。
[Global Setting] EnableGlobalPfwBypassRule=1 EnableTempBypassRule=0

変更内容を保存し、ファイルを閉じます。
ウイルスバスター Corp. Webコンソールを開き、[クライアント]→[グローバルクライアント設定] の順に選択します。
[保存] をクリックして設定をクライアントに配信します。ウイルスバスター Corp.クライアントプログラムによって、次のレジストリキーが自動的に設定されます。
キー名: 32ビットプラットフォームの場合 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\CurrentVersion\PFW 64ビットプラットフォームの場合 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\TrendMicro\PC-cillinNTCorp\CurrentVersion\PFW 名前: EnableGlobalPfwBypassRule 種類: REG_DWORD データ: 1 名前: EnableTempBypassRule 種類: REG_DWORD データ: 0

新機能
本リリースでは、 次の新機能が提供されます。

機能 1: (SEG-49033)
ウイルスバスター Corp.クライアントのプログラムアップデート確認ロジックが更新され、認証済みのプログラムアップデートのみが適用されるようになります。

機能 2: (SEG-63171)
ウイルスバスター Corp. XG Service Pack 1クライアントプログラムで、Microsoft Windows 10 November 2019 Update (バージョン 1909) がサポートされるようになります。